WG4 第2回meetingメモ  Oct.06.2004

1.発表内容
  (a) Crossing angle (田内)
       
http://acfahep.kek.jp/subg/ir/minutes/transparency/d041006/tauchi.pdf

      * いくつかの crossing angle が提案されている
          head-on
          vertical crossing angle ~0.3mrad
          small angle 2mrad, 7mrad
          large angle 20mrad, 30mrad

      * それぞれに長所・短所がある。
          head-on: beam cal. を近くに置ける
          small: crab cavity がなくてもLum.が出る
          large: ビーム診断が容易

      * crossing angle を系統的に検討するには情報を整理する必要がある。
          星取り表に載せるべき項目をリストする

(b) 2nd IP (杉本)
      
http://acfahep.kek.jp/subg/ir/minutes/transparency/d041006/ 
sugimoto.2ndIP.pdf

      * 2nd IP を持つことは LC user community のコンセンサス
      * 2nd IP には、gamma-gamma オプションの可能性を持たせる
      * Crossing angle の検討が必要

2.第3回打合せ
  10月13日(水)10時より、3号館4階425号室、TV会議(ID=31110)。

  #今後、しばらく、水曜日午前10時〜、3号館4階425号室で定例で行います。

  第2回打合せで時間切れになってしまった以下の問題についてレヴューを行う
    *  Optics             黒田
    *  Simulation code    久保