ILC Asia WG4 第8回ミーティングメモ
http://lcdev.kek.jp/ILC-AsiaWG/WG4notes/

11月24日10:00
3号館4階会議室

(1) gamma-gamma
世界情勢について世界の主要なメンバーにインタビューした結果の報告(高橋)
(インタビューした相手は、US:Jeff Gronberg、Europe:Valery Telnov, Klaus Moenig, 
Albert de Roeck,  http://lcdev.kek.jp/ILC-AsiaWG/WG4notes/meeting/2004/1201/Takahashi.pdf
-US
	(a) J.Gronber が、レーザキャビティ研究用にLLNL所内予算の獲得を目指している
		* laser-Compton を用いた偏極陽電子源の研究用
		* gamma-gamma 用と全く同じわけではないが、共通するものも多い
		- CO2 レーザを用いた偏極陽電子源の研究が日米で行われていたが既に終了した
-Europe
	(a) Orsay において、EuroTeV R&D 用にレーザ共振器の開発計画がスタートした
		* Polarimeter 用だが、gamma-gamma 用に経験を積むのにも適している
	(b) TESLA 用に 1/10 の gamma-gamma 装置を作る予定があったが、おそらく消滅した。
議論:	* 12月11-12日にKEKで開かれる nano-BPM WS に於いて gamma-gamma も取り上げる
		* 3月の LCWS で Orsay グループ以外の主要メンバーが集まるので、今後の進め方を議論する

(2) ATF2 Proposal を2005年5月に開かれる PAC へ submit するという Andrei の提案について議論:
	- ATF2 を世界へ提案する良い機会になる。時期的にも問題ない。
	- ただし、それ以前に proposal を完成させること。

(3) ATF2 Proposal
	プロポーザルに含めるべき内容、日本/アジアが執筆に加わるパートについて議論した。

	1.  Design of FF.      Kuroda, Kubo, Okugi
		FF Optics
    		Extraction line options: straight or bent to GLCTA area.
        		- Design of extraction line + FF.
        		- Comparison of extraction line versions.
	2.  Tolerance and tuning.    Kuroda, Kubo, Okugi
	   Diagnostics needed in the ATF extraction line and FF.
	   Tolerances for ATF2 and for ILC.
	   Tuning procedures for ATF2 and for ILC.
	3. Instrumentation    Tauchi, Honda, Hayano
    		laserwire, cavityBPM    need  >3Hz, 20bunches operation
    		IP beam size monitor.  Honda (contact person at KEK)
         	- need  >3Hz, 20bunches operation ?  LINAC@12.5Hz
    		IP Beam position monitors  need nano-BPM  < 2nm!.    Honda
	4. Stability
    		Stability of the ATF/ATF2 environment.   GM: Sugahara, Masuzawa, Yamaoka
    		Alignment hardware and procedures.
    		Active stabilization, if needed.   UK?
		< ATF beam >  Kuroda, Kubo, Okugi, Hayano
    		Quality of extracted beam.
    		Possibility of extracted train.
         	- 3 trains@DR (3bunches,sb=150ns)  long flat top kicker under construction
         	- ILC style?
    		Extraction kicker, to form the train.
	5. Risk reduction     Sanuki
    		Can we quantify ILC risk reduction due to ATF2?
	6. Optional facility   Takahashi
     	  laser facility

	7. Cost   Tauchi
    		Cost estimation
    	8. Schedule    TDR,  ILC- ground breaking and commissioning, Yokoya

議論:	* Shintake-Monitor の改良が必要になる。
			より小さいビームサイズに対応するためレーザ波長を短くする。
			反跳される photon のエネルギーが低くなるので検出器の改良が必要かもしれない。
			ビームの繰り返しが 5Hz だと、測定に時間がかかりすぎる。
			短時間で測定するためには、バンチ構造の変更が必要か?
		* Shintake-Monitor と nano-BPM を同時に使うことができない。
			35nm ビームサイズの実証と維持の研究には Shintake-monitor が必要
			ビーム軌道のナノメータ制御の研究には nano-BPM が必要
			研究の進行状況に応じて IP に置くモニターを変更する
			もしくは、共存できるモニタを開発する。


(4) ATF2 name and Logo
	Andrei の提案を紹介。
	我々も考えましょう。

	(a) Andrei;
	However, had an idea about a name for ATF2 == CAMELOT.
	Associations: round table, knights, discuss and solve all questions together.
	It also could be spelled as

           Collider
        asiA
          aMericas
      europE
           Linear
    final fOcus
           Test facility


(5) ATF2 予算
	- 床の工事費は確保できる可能性が高い。
	- マグネットに必要な予算は確保できないことが確実である。外国から協力を取り付けることが不可欠。

次回打合せ
 12月8日(水)10:00
 3号館4階会議室
 http://lcdev.kek.jp/Events

(1) Tolerances at the local chromaticity corrected ATF2, S. Kuroda
(2) ATF2 proposal
--佐貫智行